イベントレポート「キャッシュレスを導入してみよう!」

9月20日、福岡市のスタートアップカフェで「キャッシュレスを導入してみよう」と言うイベントを開催致しました。  

福岡市スタートアップカフェ

Yahoo!とソフトバンクの合弁会社、株式会社PayPay様、福岡銀行様にもご登壇頂き、1時間と言う短いイベントでしたが、事業者の皆さま向けのキャッシュレスイベントは、まだまだ珍しいのが現状です。

イベント企画・開催の経緯

福岡市では、キャッシュレスの実証実験を行っており、LINEや楽天と言った大手が公共施設や屋台などでキャッシュレスを導入し、それを地元メディアも取り上げることで、官民一体となってキャッシュレス普及の後押しをしています。   


が、消費者にどんなに働きかけをしたところで、利用できる店舗が少なければ普及には繋がらないため、事業者を対象としたイベントを企画した、と言うのが経緯です。    


スタートアップカフェでのイベントは、1万人以上の方(Facebookページにイイねをしている人)にイベント告知をして頂けるとあって、知って頂く良い機会になります。

  • 参加者 19人(実際の参加者 16名)
  • 興味あり 82人
  • シェア 6件

無名の人間が主催するイベントにも関わらず、福岡銀行様やPayPay様のお名前のお陰でこれだけ興味を持ち、また参加して頂けたと感じますが、もっと関心を持ってもらえるようなテーマや告知文を作らなければと反省は尽きません。

株式会社PayPay様より「PayPay」のプレゼンテーション

福岡銀行様より「Yoka!Pay」のプレゼンテーション

セミナーの内容と参加者の声

さて、キャッシュレスのイベントは前述の通り珍しく、このようなタイミングで参加して下さる方はキャッシュレスの関連分野にいたり、同業の方だったり、一般の方以外で参加されることが多くありますが、今回もそうでした。    


メディア、研究機関、金融機関など、そんな方を前に恐縮するところです。 ただ、やはり一番知って欲しかったのは、事業者、ご商売をされている方。     正しく情報を捉えて、ご自身のビジネスに上手く活用して頂ければ、経営の効率化を測ることができる、まずはそのことを知ってもらえれば、そう考え事業者目線で59枚の資料にまとめました。    


私の担当する30分のセミナーでは、「キャッシュレスを取り巻く環境と動向」をテーマに、

一部:キャッシュレスを取り巻く環境と動向
 1.訪日外国人の推移
 2.キャッシュレス決済比率の状況(国際比較)
 3.日本の取り組み
 4.キャッシュレスとは
 5.キャッシュレスと法律
 6.決済の工数とレジ周りの工数
 7.お金の原価  

二部:キャッシュレスの導入
 1.決済手数料無料
 2.導入のタイミング
 3.導入のメリット
 4.導入コスト
 5.クラウド会計    

と言う内容でお話をさせて頂きました。


30分でこれだけの内容、スライドにして59枚のプレゼンテーションは、駆け足でのご紹介となりましたが、どこをカットする事もできないために、まずは知ってもらう機会になればと可能な限り盛り込みました。    


ちなみに、本来であれば90分で話す内容です。


参加者の中に長年ご商売をしていて、中国などにも良く足を運んでいる知人が参加してくださっていました。セミナー終了後の交流会でご挨拶させて頂いたところ、事業者の目線で、お金に絞ったすごく分かりやすいものだったと、”星5つ”の好評価を頂きました。    


他の参加者の方にも、とても分かりやすかったと感想を頂き、全身の緊張が緩んだ瞬間でした。

まとめ

キャッシュレスは普及までにまだまだ時間が必要であり、容易なことではないと言うことは、5年に渡ってスマホの相談窓口「アプリCafe」を主宰し、スマホの利用状況の実態を誰よりも知っているつもりです。    


だからこそ、一旦は終了したアプリCafeをキャッシュレス体験会と言う形で再開し、一般の消費者向けにキャッシュレスを安心して使ってもらう機会を作りました。    


利用者側、そして導入する事業者側、両輪が噛み合ってはじめて普及につながるキャッシュレス、個別の導入支援はもちろん、どこへでもお話に馳せ参じますので、お気軽にご相談ください。

キャッシュレス相談|事業者様専用

キャッシュレス導入は、事業者選びから集客や売上アップに向けた活用までかなり奥が深いもの。ただ、システム導入するだけでは良くない理由も理解しておきましょう。